フレンチブルのキッコとコラート猫の千尋と飼い主の日々。
プロフィール

こん

Author:こん
こん(アタシ)
フレンチブルドッグ、キッコ
タイ固有種コラート猫、千尋の飼い主。
2013年1月からバンコク在住。

メールはこちらからどうぞ。

キッコ
2006年2月8日生まれ。
いつまでたっても少年のような落ち着かない犬。
日本の片田舎から2013年1月タイ、バンコクへ!

千尋(ちひろ)
2013年3月22日
バンコク生まれ。
生後5ヶ月で我が家へ。
家族みんなをツンデレで翻弄する魔性の姫。

ダンナ
アタシのダンナ。
現在タイ駐在のサラリーマン。

キッコん家の総来客数

来客中のキッコとアタシの友達♪

現在の閲覧者数:

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ

カテゴリー
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月2日 22時10分

キッコが息を引き取りました。

10歳でした。




アタシが日本に一時帰国した10日後に
その前日まで本当に元気いっぱいで
いつもと何も変わらなかったのに
突然容体が急変して

慌てて病院に連れて行ったら

もう手の施しようのない状態ということが分かりました。



お腹に腫瘍が出来ていて
肺にも血液が溜まっていました。


アタシは慌てて帰りのフライトをできる限り延ばしました。

そこから2週間、
アタシに覚悟する時間をくれるためキッコは頑張ってくれ
ようやく受け入れることができた頃、
静かに眠るように息を引き取りました。



4ヶ月前のタイから日本に戻る直前、
キッコは超音波検査をしています。

その時に異常は見つかりませんでした。

おかげで無事に日本に帰ることができ、
4ヶ月間、アタシの実家で元気いっぱい日本を満喫していました。


そして、アタシの暇だからという理由で突然決めた一時帰国を待って、
その時を迎えてくれました。

キッコはアタシを呼んでくれたんだと思います。


今日、新居の建設予定地の隣の土地にキッコを埋葬しました。

大好きだったボールとホネを一緒に埋めて。

キッコにはキッコの姿のまま自然に還ってほしかったのです。



春に白い花が咲く木と一緒に。

キッコの住む予定だった新居の窓から見える場所です。
(もちろん住宅が周りにない私有地です。)
白い花が咲いたら真っ白なキッコを思い浮かべることができます。


これで少し気持ちに区切りがついて
こうしてブログにも書くことができました。



そしてアタシは明後日バンコクに帰国します。

キッコはアタシの帰りのフライトのことまで考えて
自分の最期を決めてくれたみたいです。


本当に最後の最後まで良い子すぎました。

アタシのことばっかり考えてくれました。




まだまだ寂しくて辛くて涙が溢れてばっかりです。
このブログにはキッコとアタシの全てが詰まっています。
未来への希望にも溢れていました。

だからまだ読み返すことができません。
今までのように毎日を綴ることもできません。

でもきっと時間が解決してくれて
いつかまたブログを再開したいと思う日が必ず来ると思います。


その日が来たら何事もなかったかのようにフラッと戻ってきます。


キッコのことを可愛がってくれた皆様、
本当にありがとうございました。


どうかどうか、
キッコが自分は世界一幸せな犬だったと思いながら虹の橋を渡っていけますように。


そして、
いつかまたアタシのところに戻ってきてくれますように。


R.I.P. Chicco




スポンサーサイト
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。