FC2ブログ
フレンチブルのキッコとコラート猫の千尋と飼い主の日々。
プロフィール

こん

Author:こん
こん(アタシ)
フレンチブルドッグ、キッコ
タイ固有種コラート猫、千尋の飼い主。
2013年1月からバンコク在住。

メールはこちらからどうぞ。

キッコ
2006年2月8日生まれ。
いつまでたっても少年のような落ち着かない犬。
日本の片田舎から2013年1月タイ、バンコクへ!

千尋(ちひろ)
2013年3月22日
バンコク生まれ。
生後5ヶ月で我が家へ。
家族みんなをツンデレで翻弄する魔性の姫。

ダンナ
アタシのダンナ。
現在タイ駐在のサラリーマン。

キッコん家の総来客数

来客中のキッコとアタシの友達♪

現在の閲覧者数:

最近の記事
最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
本日も2匹をつれてトンローペットホスピタルへ。

先週、狂犬病ワクチンを打ったので
今回は採血して抗体値検査をしてもらいまーす。


もいちど、おさらいです。

マイクロチップを入れてから2回狂犬病ワクチンを接種して
その後採血→血清を検査機関に送ります。
※2回の狂犬病ワクチンの間隔は最低30日以上あけること。
(我が家のワンニャンズ達も1回目の狂犬病ワクチンは既に打ってあります。)


てことで、採血されるワンニャンズ。



キッコさん、大人しく耐えてます。
えらいぞ!おりこうさんだ!




千尋さんも耐えてます。
でもいつもの注射より刺されてる時間が長いから流石にイライラしたようで
小さい声でずっとウゥーーーーって言ってた。笑


2匹ともお利口さんでした!!!

てことで、あとはペットホスピタルにて
血液を血清にしてもらい、書類と一緒にイギリスの検査機関に送ってもらいます。
(タイには日本政府が指定する検査機関がないため。)

ということで、その代行費用も含め、
本日のお会計、2匹で…

33,000バーツ!!!!
(今のレートで換算したら12万円くらいかしら…)

ひゃーーーー((((;゚Д゚)))))))

実質やったことは採血だけなのにー!笑

まぁ仕方ないですね。
分かってたことなんで。
海外で動物を飼うってそういうことです。

このあと、2週間後くらいに検査機関から抗体値証明書が送られてきて
これで今日から2年間は日本に帰ることができます!
(千尋さんは初めての検査なので今日から180日の待機期間が必要ですが…)


が、ここで問題発生。
千尋さんのマイクロチップ証明書が見当たらない(´・ω・`;)
家に帰ったらあるかなぁー?と思って探したけど見当たらない(´・ω・`;)

ワクチン手帖にマイクロチップナンバーとバーコードのシールが貼られて
挿入日は書かれてるけど、
これが証明書になるのかしら…???

マイクロチップを入れたのが結構前なので
そもそも証明書をもらったかどうかの記憶がないのだーー(´・ω・`;)
でも、もしもらってたらそんなの失くすとは考えにくいんだよなぁーー。
(キッコのマイクロチップ証明書はちゃんとある。)

うーーーん、不安だ。
ペットホスピタルに確認しなければ!!
マイクロチップ証明書なら再発行もきっとできるよね…?そうだよね…?
ワンニャンズのことで書類不備だけは避けなければ!!!



てことで、今日は朝から家族みんなでバタバタしてたので
お疲れモードのアタシ、ダンナ、キッコ、千尋なのでしたー。


ランキング参加中ー!
↓ポチッとお願いしまーす♡

banner.gif

スポンサーサイト
<< 味覚の変化と厄払い // ホーム // タイ猫千尋さん >>

管理者にだけ表示を許可する
// ホーム //