フレンチブルのキッコとコラート猫の千尋と飼い主の日々。
プロフィール

こん

Author:こん
こん(アタシ)
フレンチブルドッグ、キッコ
タイ固有種コラート猫、千尋の飼い主。
2013年1月からバンコク在住。

メールはこちらからどうぞ。

キッコ
2006年2月8日生まれ。
いつまでたっても少年のような落ち着かない犬。
日本の片田舎から2013年1月タイ、バンコクへ!

千尋(ちひろ)
2013年3月22日
バンコク生まれ。
生後5ヶ月で我が家へ。
家族みんなをツンデレで翻弄する魔性の姫。

ダンナ
アタシのダンナ。
現在タイ駐在のサラリーマン。

キッコん家の総来客数

来客中のキッコとアタシの友達♪

現在の閲覧者数:

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ

カテゴリー
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少し遅くなってしまいましたが、
キッコが無事に日本に本帰国したので
日本に犬を連れて本帰国する方法を書きたいと思います。

どなたかのお役に立てば幸い!


文字ばかりですがご了承ください・・・。


この情報は2015年12月24日時点のものです。
方法は都度変わりますので帰国時にはご自身でしっかりと確認してください。

さて、帰国するにあたって

まずは前提条件として下記のことを満たしている必要があります。

①読み取れるマイクロチップが入っていること。

②マイクロチップを入れてから2回以上の狂犬病注射を打っていること。
 そして毎年必ず狂犬病注射を打ち続けていること。

③日本の検疫所指定の検査機関で血清の狂犬病抗体値検査をし結果が0.50IU/ml以上あること。

④抗体値検査のための採血から180日以上経っていること。

⑤抗体値証明書の期限の2年以内であること。(採血から2年以内)


上記の条件がすべて満たされている上で

帰国に必要な書類は下記の通りです。

⑴マイクロチップ証明書

⑵狂犬病抗体値証明書(rabies serology certificate)

⑶ワクチン手帳(狂犬病予防接種直近2回分とワクチンの証明書)

⑷日本出発時の輸出検疫証明書copy(日本から犬を連れて行った場合のみ)


これらが全て整っていればわりと簡単!!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


本題の帰国の手順は以下の通り。

⒈帰国の日程を決めて人間の航空チケットを取る。(40日以上前の日程をとること)

⒉日本の動物検疫所のホームページからNACCSにて40日前までに事前届出をする。
 NACCS←こちらからどうぞ

⒊日本の動物検疫所から連絡があるので求められた書類をチェックしてもらう。

⒋航空会社に連絡して犬の予約をする。 
 (タイ航空の場合は⒏のタイの検疫所に行ったあと再度連絡する必要があります。)

==ここまでは帰国日が決まった時点でできるだけすぐにやること==

⒌form Aを飼い主自身で記入する。

⒍帰国日一週間前に獣医に行き、健康診断、ノミダニ駆除剤投与、form Cの記入をしてもらう。
 
form Aとform Cはこちらのページの手順7の所にあります。
 トンローペットホスピタルではform Cを印刷していかなくても先生が用意してくれます。

⒎日本の動物検疫所にメールで(アタシは写真を添付して)form Aとform Cの書類チェックをしてもらう。

⒏帰国日3日前(祝土日を除く!!!)にスワナプーム空港free zoneにある動物検疫所に犬を連れて行き
 ・⑴マイクロチップ証明書
 ・⑵狂犬病抗体値証明書
 ・⑶ワクチン手帳
 ・⑷輸出検疫証明書(日本から連れて行った場合のみ)
 ・form Aとform C
 ・飼い主のパスポート
 ・航空チケットのコピー
 
 を提出し、タイ輸出/輸入申請書を記入する。
 マイクロチップの読み取り、犬の健康診断をして
 
 ◎健康診断書 health certificate
 ◎original export licence
 ◎form Aとform Cのエンドース(裏書き)してもらったもの

 を受け取る。手数料は50バーツ。

⒐帰国日当日、早めに犬を連れてチェックインカウンターへ行く。
 health certificate と export licence を提出し、犬の渡航費用を支払う。

10.日本到着後、犬を受け取り、日本の検疫所へ行く。
  必要書類
  ・⑴マイクロチップ証明書
  ・⑵狂犬病抗体値証明書
  ・⑶ワクチン手帳
  ・⑷輸出検疫証明書(日本から連れて行った場合のみ)
  ・form Aとform C
  ・health certificate
  ・飼い主のパスポート
  上記を提出し、犬の健康診断をし、
  『犬の輸入検疫証明書』を受け取る。
  (所要時間は30分ほど)


これで終了です!!!!!
問題なければすぐに犬の入国が許可されます。 

そして再び同じ犬を連れて海外に行く場合は
最後に受け取る『犬の輸入検疫証明書』が必要になるので必ず大切に保管しておいてください。



長くなってしまったーーー。
お付き合いありがとうございます。

次回は、各手順の詳細を書いていこうと思います。
できるだけ早く書けるように頑張りますーーーー!!!


ランキング参加中ー!
↓ポチッとお願いしまーす♡

banner.gif
スポンサーサイト
<< べべちゃん健診 // ホーム // チャトチャック市場 >>
マイクロチップ
こんばんは。
突然すみません。
マイクロチップ証明書について教え下さい。
マイクロチップ証明書が日本語なんですが、それで大丈夫でしょうか?
日本から連れて行った猫を連れてタイから日本へ帰国します。
教え下さい。宜しくお願いします。
[2017/01/05 Thu] URL // マキ #- [ 編集 ]
Re: マイクロチップ
マキ様
こんにちは。
マイクロチップ証明書は日本語で構いませんよ。
マイクロチップを入れた日にちとナンバーが分かれば良いはずです!
[2017/01/07 Sat] URL // こん #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。